医療レーザーによるひげ脱毛の概要

● 1回の治療時間は短いけど、治療期間は長い

美容外科で使う医療用レーザー脱毛機には、いろいろな種類がありますが、男性のひげを脱毛する場合、ダイオード(半導体)レーザーが適してるのではないかと思われます。日本人の肌質や毛質に適していると言われますが、12mmX12mmと比較的大きな照射口径を持ち、1回で広範囲の脱毛が可能です。

レーザーは照射されると黒い部分(ひげなどのムダ毛)だけに反応し、単純に考えれば肌には影響ありませんが、ひげ自体が焼けるため接触している部分の肌はダメージを受けますし、相当痛いのです。なのでより効果的な方法を選び回数を減らすべきなのです。その点、アレキサンドライトレーザーなどに比べ、出力が強く脱毛効果が高いダイオードレーザーがいいのではないかと思われるのです。

だいたい、1ヶ月に1度のペースで、5回程度通院すれば納得できる効果が得られる場合もありますが、10回くらい通院しなければならない場合もありますので、これは個人差があると考えていただきたいです。なお、期間はかかりますが1回の治療は1部位あたり数分〜十数分程度です。