ひげ脱毛 管理人の体験談(1)

Lumenislaser

■ ひげのレーザー脱毛を初体験

2007年10月27日、ついに念願のひげ脱毛をレーザーで行ないました。これでヒゲ剃りだとか毛抜きだとかカミソリ負けなどの苦労から開放されることになります。というか今までそのような苦労をしてきたわりにはきれいに処理できていなかったので、今度は少しカッコ良くなる?なんて期待もしております。

一応、あらかじめお断りしておきますが、私は仕事の関係で、ある美容系の医療機関でレーザー機器をいじくることができる立場にあります。ただし人間の肌に向かってレーザーを照射するのは昨日、練習を兼ねて自分の腕のムダ毛を脱毛したのがはじめてでした。そしてその翌日、いきなり自分のヒゲに向かってレーザーを発射したのです。いかに自分のヒゲを何とかしたかったかがお分かりかと思います。

■ とりあえず 10J/Cuで...

ひげ脱毛01

さて、かなり痛いと聞いていたから、ライトシェア(ルミナス社製のロングパルスレーザー脱毛機・上の写真左側の機種)で最低の出力値10J/Cu(10ジュール)から。10J/Cuだとうまく脱毛できない可能性もあると思っていたのですが、やはり自分でひげの脱毛をしたという仲間の看護士(もちろん男)が10J/Cuでもけっこう脱毛できたというので、とりあえず10J/Cuで。

照射する部分にジェルを塗ります。多少クールダウンには効きそうですが、片手でもありハンドピース(レーザーを発射するピストルの部分)がツルンとすべりそうで怖かったですね。けっこううるさい音でレーザー本体が唸っていて、これがまた恐怖感を煽ります。

左手に手鏡、右手には意外と重たいハンドピースを持って、頬の真ん中くらいから照射していきました。ほんとは頬の上の方から攻めていきたかったのですが、目に入ったら一発で終わりだし、まだ慣れていないので無理はしませんでした。実際に患者に対してレーザーを照射するときは、写真のようにアイマスクを付けるくらいですから当然といえば当然です。

>>ひげ脱毛 管理人の体験談(2)